INPUT+OUTPUT Vol.5

こんにちは、LIFE WORK MEDIA編集部です。

この連載記事は読み続ける事で、読者のみなさんがLIFE WORKにぐぐっと近づけるようなコーチング記事です。
LIFE WORKで生きることを目指したい人に、LIFE WORKに近づくために役立つ内容を書いていきます!

今回のテーマは、「インプットとアウトプット」です。何かを学んだり、成果を出したりする上で、重要なテーマですよね。

画像1

なぜINPUTが身につかないのか?

出来ると思っていたのに、いざやってみると自分が思った通りに、できなかった。。そんな体験をよくすることがあります。そんな時は、たいてい1度教えてもらっただけで、それが出来るような気になってたり、1度聞いただけで、同じようにそれを説明できるような気になっています。

でも、いざ自分で誰かに同じ話を話してみると「あれ?なんかあの人が話してくれたみたいに上手く話せないぞ・・」という想いを味わうわけです。出来ると思っていたのに・・・。理解していたはずなのに・・・。だけど、できない!!!「う~ん。。これって、自分だけなのかなぁ?」と思っていた時もありましたが、とある本にそれをすっきりさせてくれる事が書いてありました。

画像2

その本によると、どうやら、人は何かとすぐ「わかった」気になるそうです。1回経験したことは、「できる」気になるそうです・・・。確かに、思い当たることがたくさんあります。1度聞いたことのあるような話をされると、「あ、それこの前聞いたから、知ってるよ」と、わかってる気になります。1度教えてもらったことも、1度教えてもらうとわかった気になるし、できる気になっちゃいます。

でも、いざ、自分でやってみると結構できなかったり、それをさらに、他の人に教えるとなると全然教えられなかったりします。言葉を変えれば、「人は1、2回聞いただけじゃ、同じようにできない」っていう事でもあると思うんです。・・・。

INPUT→OUTPUT

じゃあ、どうやれば、できるようになるのか?どうやったら、「わかった気になってる」状態から、より「わかってる」状態に近づけるのか?それは、INPUTしたことを、実際に自分でOUTPUTしてみる。そして、できるようになるまで、OUTPUTを繰り返す。それにつきると僕は思っています・・・。

画像4

シンプルで、ちょっと拍子抜けしましたか?シンプルだけど、これが効くんです。そして、シンプルだけど、結構それを疎かにしてたりしませんか?

いい話を聞いたのに、聞いただけで満足しちゃって、時とともに、具体的にどんな話だったのか忘れちゃう。人からせっかく教えてもらった事も、なんとなく出来る気になるけど、試してみないうちにやり方を忘れてる。何らかのINPUTがあった時に、それをうけて自分でOUTPUTをしないと、そのINPUTは自分のものになりません。OUTPUT なき INPUT が、わかった気になる原因です

アイディアもINPUT

そして、それは人の話とか本とか外部の情報からのINPUT だけではなく、自分が思いついたアイディアというINPUTにも当てはまります。すごくいいアイディアを思いついた時も、そのINPUTに対して、それを紙に書いたり、行動してみたりというOUTPUTを疎かにすると、しばらくして「せっかく、あの時すごいアイディア思いついたのに、忘れちゃったよ。。」と嘆くことになります。

人間の脳の性質上、新しいINPUTは、短期記憶にはじめ貯蔵されます。でも短期記憶が貯蔵できる「期間(時間)」はほんのわずかなので、すぐにOUTPUTしないと、すぐに消えてしまうわけです。OUTPUTの形はどんな形であれ、とにかくOUPUTすることに価値があります。面白いことに、OUTPUTをすることで自分がどんなことに興味をひかれたりするのか、自分がどんなことを想っているのか、自分の中で気づきが起こるはずです。このnoteで何度も言っていますが、行動に移さないと、何事も形になりません。

画像4

INPUTしたことを頭の中に留めておいても、それはそのままでは変化を生みません。INPUTに対して思ったこと、考えてみたことを行動に移してみて、はじめて現実に変化が起きるんです。その意味においてもOUTPUTはとても大事です。そして、当たり前ですがINPUTなくしてはOUTPUTは生まれません。自分の将来に彩りを加えられるか、加えられないかはOUTPUTにかかっていると思っています。だから、今日は最後にこの問いを記して筆を置きたいと思います。

毎日、INPUT した分だけ、OUTPUTしていますか?

LIFE WORKにぐぐっと近づくアドバイス

ワンポイントアドバイス
人によっては、INPUTよりもOUTPUTの方が多い毎日をすごしてる人もいるかもしれません。その人達は、どんなINPUTをすれば、さらに自分のOUTPUTの質が高まるか、自分に問いかけてみてください。

コーチからのリクエスト
自分が目指したいLIFE WORKや就職活動での志望動機・自己PRなどを、人に話すOUTPUTをしてみてください。そして、それをやってみて、自分が上手く出来てるところ、出来ていない所を確認してください(一種のINPUT作業です)。そして、その上でもう1度書いたり話してみてください。このOUTPUT+INPUTを繰り返していくうちに、自分のLIFE WORKや志望動機・自己PRが磨かれていくはずです。

最新情報をチェックしよう!
>LIFE WORKで生きるための新しい教育

LIFE WORKで生きるための新しい教育

LIFE DESIGN SCHOOLは、ただ何となく、周りに合わせて、無難に生きるのではなく、一人ひとりが生きがいややりがいをもち、LIFE WORKで生きる人をはぐくむキャリア教育スクールです。生きがいを持って企業で働く人はもちろん、アーティスト、俳優、モデル、起業家、コーチ、ファシリテーターなど、様々なLIFE WORKERを輩出しています。

CTR IMG